お葬式のことなら信頼の厚い桐ヶ谷斎場にお任せ

全体的な流れを把握する

葬式を執り行うには、全体的な流れを知ることが大切です。一般的には通夜や告別式だけを思い浮かべますが、身近な人が亡くなったその瞬間から葬式が始まるので、それまでには段取りを済ませておくことが大切です。生野区の業者では一連の流れを代行してくれるところもあるので、前もって相談しておくと良いかもしれません。

評判の良い斎場の紹介

花と数珠

町の風景に溶け込む斎場

桐ヶ谷斎場は、東京都品川区西五反田に位置しています。住宅地の中心にある、都内でも珍しい斎場です。桐ヶ谷斎場は、ホテルか公民館を思わせる外観で、斎場という雰囲気から遠いものがあります。モダンな斎場であることが、広く市民に親しまれる要因ともなっているようです。多くの人が桐ヶ谷斎場を利用するのは、理由の一つにアクセスの良さがあります。目黒線の不動前から7分という利便性が気に入られて、桐ヶ谷斎場でお葬式を行う人も多いといいます。また、首都高速中央環状線からもほど近く、車での乗り入れも大変便利です。通常、斎場の手配は、葬儀社を通じて行いますが、桐ヶ谷斎場の場合は、斎場から葬儀社を紹介してくれるサービスもあります。桐ヶ谷斎場のお墨付きの葬儀社を紹介してもらえるので、その点でも安心です。どのような葬儀を行いたいのかを伝えることで、その希望に見合った葬儀社の紹介が受けられます。また、急なお葬式で、何の段取りもできていないという人からの相談も受け付けています。直葬や一日葬から一般的なお葬式まで、幾つかの段階の葬儀サービスの中から選ぶことができます。斎場は全部で6室用意されており、最大で200人規模のお葬式に対応できます。桐ヶ谷斎場の火葬場を利用する場合の注意点として、六曜の暦を用いていることは留意しておくべきです。六曜の友引に当たる日は、火葬を行っていないので要注意です。但し、友引の日にも仏さんを預かってもらえるサービスは行われています。

葬式

みんなが満足するために

故人が亡くなる前、本人が元気なうちに家族とよく話し合ってから、鶴見区の葬儀場を決めておくと満足のいく業者選びができます。お葬式の費用が心配な場合は、葬儀費用を毎月少しずつ積み立てておくことができる制度のある葬儀会社を選ぶと安心です。

合掌

事前に準備しましょう

突然の親族の死に対して基本的な葬儀の知識を知ることで事前準備がしやすくなります。川越の葬儀場では、故人の宗派によって葬儀形式が異なるため、さまざまな宗派に対応できる場所があります。また、料理、返戻金などさまざまな費用が掛かるため、細かな相談をしながら準備しましょう。